アルミニウムの性質、特性

軽く耐食性が高く、世界で広く使用されている金属であるアルミニウムの特性を紹介します。

軽い(密度)

アルミニウムは密度が鉄や銅の約1/3。
具体的に2.7g/㎤です。鉄の密度は7.8g/㎤、銅は8.9g/㎤です。
様々な機器の「軽量化」が見込める素材として、アルミニウムは自動車、鉄道車両、船舶、航空機などの交通機関、建築、土木などの分野で役立っています。

耐食性

アルミニウムは酸素と非常に結び付きやすい性質を持っています。
アルミは空気に触れることで自然に生成される保護力の強い酸化皮膜が生成され優れた耐食性を得ることができます。

アルミニウムの酸化被膜にも種類があります。
自然と生成される酸化被膜と人工的に付与する酸化被膜があります。
人工的に酸化被膜を形成する事をアルマイト処理(陽極酸化処理)といいます。この処理を行うことで厚く強固な酸化被膜を付与することができ、さらにシルバー・ゴールド・黒などの色を出すことも可能です。

加工しやすい性質

アルミニウムは押し広げたり伸ばしたりといった加工を可能にする展延性のある柔軟な金属です。
板、はく、棒、管、線、形材などの種々の形状の製品を容易に製造することが出来ます。
成形加工、切削加工なども容易ですので、きわめて広い用途で使用されます。

電気が流れやすい

アルミニウムは純銅の60%の導電率を有しています。
60%と聞くと銅のほうが良いのかと感じますが、アルミニウムは銅の約1/3の重さです。
同じ重量で比べた場合、アルミニウムは2倍の電流を流すことができます。
この特性を活かし送電線、配電線として適して使用されています。

磁力を帯びない金属(非磁性)

アルミニウムは非磁性体で、電磁気の磁場にほとんど影響されず磁気を帯びることがありません。
この特性から非磁性を必要とする電子医療機器やメカトロニクス機器、計測器などに使用されます。

熱を伝えやすいので冷えるのも早い(熱伝導率に優れている)

アルミニウムは鉄に比べ3倍であるため、熱を伝えやすい金属です。
熱を伝えるということは、冷めるのも早いという事です。
この性質は身近なものですと、携帯のケースやパソコン・電子機器のヒートシンクなどに用いられています。

リサイクル性

スクラップの再生が他の金属に比べ非常に容易で、スクラップ価格が高い。このため資源の有効活用、廃棄物公害防止に役立っています。