再生アルミが環境に優れている理由-CO2排出量を比較してみました

環境に配慮した素材選びを真剣に考えているあなたへ。

再生アルミと新地金、そのCO2排出量には大きな違いがあります。

この記事を通じて、環境への影響を明らかにしましょう。

そして次回製品を購入する際には、再生アルミ製のものを選ぶようにしませんか?

知識は力です。

この記事をシェアして、アルミ製品のリサイクルも積極的に行い、環境に優しい選択をしていきましょう。

この記事は、「LCA日本フォーラム(JLCA)」公表データ及び、日本アルミニウム協会資料「アルミニウムVISION 2050」を基に作成しています。

この記事を通して伝えたいこと

  • 今後製品を選ぶ際は、再生アルミ製のものを優先して考える。
  • アルミ製品のリサイクルを積極的に行う。
  • 環境に優しい選択をする人が増えるように、情報を広める。

再生アルミと新地金の二酸化炭素(CO2)排出量の差について

再生アルミは新地金よりもCO2排出量が大幅に少なく、環境にやさしい選択と言えます。

具体的な数字で見ると、再生アルミのCO2排出量は新地金のわずか1/30に過ぎません。

この数値差は単なる数字以上の意味を持ち、それが環境へ与える影響は非常に大きいのです。

再生アルミを選ぶことで、地球温暖化の進行を抑制する手段ともなり得ます。そのため、素材選びにおいては再生アルミを積極的に選ぶことが、環境保護に貢献する大きなステップとなります。

二酸化炭素(CO2)排出量の比較

新地金(新塊・製錬アルミ)の場合、1トンの製造において9.24トンのCO2が排出されます。これは自動車が約10万キロメートル走行する際のCO2排出量に匹敵します。

一方で、再生アルミ(二次合金・循環アルミ)は、1トンの製造においてわずか0.309トンのCO2しか排出しません。この量は自動車が約3300キロメートル走行するときのCO2排出量と同じ程度です。

このデータから明らかなように、再生アルミのCO2排出量は新地金に比べて大幅に少なく、環境負荷も小さいです。環境に優しい素材として、再生アルミを選ぶことは地球温暖化の進行を抑制する具体的な手段と言えるでしょう。

  • 新地金(新塊・製錬アルミ): 1トンの製造で9.24トンのCO2排出
  • 再生アルミ(二次合金・循環アルミ): 1トンの製造で0.309トンのCO2排出

なぜ新地金のCO2排出量が高いのか?

なぜ新地金(新塊・製錬アルミ)のCO2排出量が高いのか、という疑問に答えるには、製造過程を理解する必要があります。新地金とは、地下から採掘されたボーキサイトと呼ばれる鉱石を原料として、アルミニウムを金属として取り出すものです。

  1. 鉱石の採掘: まず、ボーキサイト鉱石を地下から採掘する過程でCO2が排出されます。大規模な機械や設備が必要で、それらは大量のエネルギーを消費します。
  2. 鉱石の精製: 採掘されたボーキサイトは、アルミニウムを取り出す前に精製されます。この段階でも化学反応による熱や電力が必要であり、CO2排出が伴います。
  3. 電解還元: アルミニウムを金属として取り出す最終段階は、電解還元と呼ばれるプロセスです。ここで特に大量の電力が必要となり、多くの発電所は石炭や天然ガスを燃やして電力を生成するため、CO2排出が大量に発生します。
  4. 輸送とロジスティクス: また、採掘地から製錬工場、そして最終製品の生産地への輸送にも、CO2排出が関わってきます。

以上のような多段階の過程で、新地金の製造は高いCO2排出量をもたらすのです。これを知ることで、より環境に優しい選択ができるようになります。アルミ製品を選ぶ際は、再生アルミが低いCO2排出量であるという点を考慮し、積極的にリサイクルにも参加しましょう。

なぜ再生アルミが効果的なのか?

再生アルミが環境に効果的な理由はいくつかあります。

  1. リサイクル率の高さ: 日本では、再生アルミの使用が進んでいます。多くの企業や自治体がアルミ製品のリサイクルを推進しており、その結果、新地金に依存することなくアルミ製品を提供できています。
  2. 既存資源の活用: 再生アルミは、使用済みのアルミ製品を溶解して再利用するものです。新たな鉱石を採掘する必要がないため、その段階でのCO2排出がゼロです。
  3. エネルギー効率の高さ: 新地金を作る過程に比べ、再生アルミは溶解と再成形だけで生産できます。この過程はエネルギー効率が非常に高く、CO2排出量も少ないです。

これらの点を考慮すると、再生アルミの利用は環境に非常に優れた選択であると言えます。次回からアルミ製品を選ぶ際は、再生アルミを優先してみましょう。それだけで、地球に優しい行動を取る一歩になります。

実例と影響

実際に数字で見てみましょう。2019年の日本におけるアルミ製品の生産量は3,448千トンです。この数字を分解すると、再生アルミが1,641千トン、新地金が1,807千トンとなっています。

CO2排出量に着目すると、この比率により約17,200千トンのCO2が排出されたと試算されます。驚くべきことに、もし生産されたアルミがすべて新地金であった場合、CO2排出量は約31,860千トンに達する計算になります。

簡単に言えば、再生アルミを使うことで、CO2排出量が約14,660千トンも削減されているのです。これは、日本全体で考えると相当な量であり、気候変動に与える影響を大きく減らしています。

この具体的なデータを知ることで、あなたも再生アルミ製の製品を選ぶ意義が高まるでしょう。ぜひ、次回からは再生アルミ製の製品を選び、このような環境へのポジティブな影響を増やしていきましょう。

再生アルミの力で未来を変えよう

さて、今後の取り組みについて考えてみましょう。試算によれば、もし新地金の半分が再生アルミに置き換われた場合、CO2排出量は9,130千トンに減少します。更に理想的には、全ての新地金が再生アルミに置き換われた場合、CO2排出量はたったの1,070千トンにまで減るのです。

技術革新が進む中で、新地金を再生アルミに置き換えることは十分に現実的です。これが実現すれば、さらなるCO2削減が期待できます。

最後に、地球環境を守るためには、再生アルミの積極的な利用が鍵となります。次回製品を選ぶ際には、この貴重な知識を活かして再生アルミ製のものを優先してください。さらに、この有益な情報を周囲とシェアすることで、より多くの人々が環境に配慮した選択をする手助けをしましょう。

この記事を通じて、あなたも環境に良い選択ができる一歩を踏み出してみてください。

一人一人の小さな選択が、大きな未来をつくる力になります。

 加藤軽金属工業株式会社について

 
 

加藤軽金属工業株式会社は、アルミニウムの押出し、形材製造から加工、配送、組立まで一貫したサービスを提供しています。 私たちの生活に不可欠なアルミ形材を通じて、お客様の多様なニーズに応えることを使命としています。 お客様への約束 加藤軽金属工業株式会社では、お客様への約束として最高の品質とサービスを提供します。 以下の点において、お客様の期待を超える努力を続けています。

関連記事

品質管理 ビレット新塊(バージン材)再生塊、納入検査ビレット成分表 納入時の長さは [ φ155 × 5800 mm ] [ φ204 × 5800 or 6000 mm ] になり、これを必要な長さに切断し様々な形状へ押出を[…]

関連記事

私たちの企業理念 Mission, Vision, Valuesをご紹介します。 Our Mission 会社の存在意義・使命 【 寄り添い型探し 】 親身になって相手の気持ちを理解しようとし、共感する。社会・顧客ニーズを理[…]

提供する製品とサービス
関連記事

当社保有の金型は整備済みで、いつでも注文を受け付けています。 【金型保有不要・管理費不要】ローコストかつ短納期でお届けします。 アルミ形材受け入れ加工開始のご案内 この度、2024年6月より、他社押出形材の加工を受注でき[…]

お客様からのよくあるご相談 これらのご相談に、私たちは価格だけでなく、お客様とのコミュニケーションを最も重要視して対応しています。 製品の仕様やデザインに関する疑問まで、どのようなことでもお気軽にご相談ください。 加藤軽金属工業株式会社は、アルミの専門家として、親身になってお客様をサポートします。
関連記事

私たちは、お客様の要望やニーズを理解し、それを反映させた魅力的な商品やサービスを提供することを目指しています。この記事では、私たちの会社の紹介と、注文までの流れをご案内いたします。 会社紹介 加藤軽金属工業は、ただモノ[…]

ご相談ください

アルミ形材受け入れ加工開始のご案内

この度、2024年6月より、アルミ形材の加工を受注できるようになりましたことをご報告いたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。 これからも、皆様のご期待に応えられるよう、さらなるサービスの向上に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

>当社のウェブサイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。

当社のウェブサイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。

私たちはアルミ押出の専門家として、品質と信頼性に妥協のないサービスを提供しております。 皆様のご要望に最も適したアルミ製品を作ることが、私たちの使命です。 このウェブサイトでは、私たちのサービスや技術についての情報を随時更新していますので、 どうぞごゆっくりとご覧ください。 何か質問や不明点がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。 皆様からのご訪問とご連絡を、心よりお待ちしております。

CTR IMG