アルミアングル等辺、不等辺 、L型材、山形鋼、各種規格サイズ表-用途の詳解と具体的な使用例

アルミ角アングルは、その独特な構造により組立てや加工が容易で、精密さを要する工業製品から家庭用アイテムまで、多方面でその利点を発揮しています。

シンプルな形状が、直線的なデザインを好む現代の建築やインテリアにもマッチし、機能性と美観を兼ね備えています。

表面の処理によってさまざまな外観を実現することが可能であり、素材本来の質感を活かしたり、塗装やアルマイト処理によって仕上げたりすることができます。

その一方で、アルミ角アングルの選び方や利用法、そしてその加工方法には、パイプとは異なる視点が求められることも事実です。

この記事では、角アングル独自の特性や使い道、加工法に焦点を当て、より専門的な観点からその魅力を掘り下げていきます。

アルミ角アングルを用いたプロジェクトに役立つ情報を提供し、読者の疑問や課題解決に貢献することを目指します。

アルミアングルの用途

アルミアングルは、日常生活の中で目にすることは多くないものの、その用途は家庭から産業界まで非常に広範に及びます。

具体的な使用事例として、ブラケットやカーポート部材、そしてジョイントや接続金具など、多岐にわたるアイテムの一部として利用されています。

ここではこれらの具体的な応用事例をいくつか挙げ、それぞれの活用方法を探ります。

ブラケット

棚を壁に固定するためのブラケットとして、アルミアングルが使用されることがあります。その軽量性と強度が求められるこの用途では、長期にわたり安定した支持力が要求されます。

カーポート部材

屋外で車を保護するためのカーポートを構築する際に、アルミアングルは骨組みとして選ばれることがしばしばです。耐候性と耐久性を持つため、厳しい気候条件下でも性能を保ちます。

ジョイント

異なる素材や部品を連結するジョイントとしても、アルミアングルは重宝されます。その加工のしやすさから、多様な接続ニーズに対応することが可能です。

接続金具

構造物の組み立てにおいて、部品同士を固定する接続金具として利用されることもあります。経時的に安定性を保つ必要があるため、アルミアングルが選ばれるのです。

ブレース

構造物に追加の支持力を与えるためのブレースとしても、アルミアングルが用いられます。地震などの揺れに対する補強が求められる場合に特に有効です。

支持材

天井や床の下など、見えない部分で構造物を支える支持材として、アルミアングルはその力を発揮します。長期にわたり安定したサポートが必要とされる際に活躍します。

外壁固定具

建物の外壁材を固定する際に使用されることもあります。アルミアングルは耐久性に優れているため、外部の環境から建物を守る重要な役割を担います。

補強材

構造物の強度を増すために、補強材としてアルミアングルが選ばれることがあります。軽量でありながら高い補強効果を提供できるため、様々な建築物に利用されています。

フレーム構造物

アルミ角アングルは、強度と精度が求められるフレーム構造物において、その能力を遺憾なく発揮します。精密機械の支持架や、安定性が要求される工作物の骨組みとして活用されることが多いです。

園芸用支柱

園芸では、植物の成長を支える支柱としてアルミ角アングルが用いられます。耐食性と強度を兼ね備えているため、屋外での使用においても長持ちするためです。

ディスプレイラック

商業施設や展示会では、商品を陳列するディスプレイラックの構造材としても選ばれます。組み立てが容易で、軽量ながら丈夫なため、移動や変形が頻繁に求められる環境に最適です。

機械のガードフレーム

安全性を確保するため、機械の動作部を覆うガードフレームの材料としても使用されます。透明のアクリル板と組み合わせて使用されることもあり、機能性と視認性のバランスを取るのに役立ちます。

ビジュアルエイド

美術館や博物館で展示物を保護する枠組みとして、アルミ角アングルが用いられることもあります。その際、角材の細さが視覚的な邪魔をしないため、展示物本来の美しさを引き立てることができます。

これらの例を見てもわかるように、アルミアングルはそのシンプルな形状に反して、非常に多様な用途に応じた機能を提供しています。実用的かつ汎用性の高いこの素材は、今後も様々な分野で重宝され続けることでしょう。

種類と寸法

アルミアングルには、多くの特性がありますが、主に「材質」、「形状」、「寸法」の三つの要素に注目すると、その選定や使用目的が明確になります。

材質

アルミアングルに使用される材質は、その用途と必要とされる性質に応じて、様々なアルミ合金が選ばれます。代表的な合金には1070、3003、6063、6005C、6061などがあり、それぞれ独自の特性を持っています。

1070合金は、純アルミニウムに近く、熱伝導率や電気伝導率が高いため、熱交換器や電気部品に用いられることが多いです。一方、3003合金はマンガンを主な添加元素とし、耐食性や加工性に優れるため、厨房機器や燃料タンクに選ばれます。

6063合金は、建築分野での窓枠やドアフレームに特に適しており、押出しや曲げ加工が容易で表面が美しく仕上がることが特徴です。さらに6005C合金は、6063よりも強度を持ち、産業用プロファイルや構造パーツに好適です。

最後に6061合金ですが、これは航空機や様々な機械構造部品に利用され、高強度と優れた耐食性を提供します。特に「T6」状態での熱処理を施すことにより、その性能はさらに高まります。

選択される材質は、最終製品の機能性と経済性のバランスを考え、使用環境と耐久性の要求を満たす必要があります。加工性や美観を優先する場合は6063や3003が、強度や耐熱性を求める際は6061や6005Cが適していると言えるでしょう。それぞれの合金の特性を理解し、最も適した材質を選定することが、アルミアングルを用いた製品の品質と性能を決定づける重要な要素となります。

形状の種類と意図

等辺アングル

  • 意図と効果:等辺アングルは、両側の幅が同一であるため、均一な耐力を持ち、安定した支持機能を果たします。これは平衡を必要とする構造において、一貫した性能を提供する設計になっています。
  • 用途:建築の枠組み、棚支え、エッジの保護など、均等な負荷がかかる場所で使用されます。

不等辺アングル

  • 意図と効果:片方が長い不等辺アングルは、片方に大きな力や重量がかかる場合に適しています。不等辺の比率により、特定の方向への剛性を強化できます。
  • 用途:支持フレーム、階段の手摺り、装飾的要素など、力が一方向に偏ることが予測される箇所で利用されます。

内側にR(半径)がある形状

  • 意図と効果:内側のカーブを持つアングルは、材質への応力を分散させ、破損に対する耐性を高めます。安全性に配慮し、接触時のリスクを軽減するためのデザインが施されています。
  • 用途:人の手が触れる可能性のある家具の骨組み、手すり、車両の内装パーツに適しています。

外側にR(半径)がある形状

  • 意図と効果:外側にゆるやかなカーブを設けることで、視覚的に穏やかな印象を与え、物体との空気の流れをスムーズにします。形状が流れや動きに及ぼす影響を考慮したデザインです。
  • 用途:空気の流れを考慮した自動車の部品、風の影響を受けやすい屋外の構造、または外観デザインが重視される建材に採用されます。

用途の詳細

アルミアングルはその形状の多様性から、以下のような幅広い用途で活躍しています。

ブラケット

  • 棚の補強や家具の角に取り付け、安定性を高めるため。
  • 配管や配線を壁に固定する際の支持金具として。

カーポート部材

  • 屋根の構造を支え、積雪や風に対する耐久性を提供。
  • カーポートの枠組みに使用し、デザイン性と機能性を兼ね備えた構造の実現。

ジョイント

  • 異なる面を結び付け、角度を保持する際の連結部品として。
  • モジュール式の家具や機器の組み立てにおける角の繋ぎ手として。

接続金具

  • 建築材料の接合部で、ずれや動きを防止するため。
  • 工業用のフレームや器具を固定する際の要となるパーツ。

ブレース

  • 建物や構造物のゆがみ防止、剛性を上げるための横断補強。
  • 震動が予想される環境で、機器を安定させるために使用。

支持材

  • 天井から吊り下げられた照明器具や看板を支えるため。
  • 大型のモニターやパネルを展示する際の立てかけ支持。

外壁固定具

  • サイディングやタイルなどの外壁材を固定するため。
  • 外壁への装飾品や看板を取り付ける際の固定支持。

補強材

  • 家具や建築構造物の強度を向上させ、長期的な耐久性を保証。
  • 地震や風などの外力に対する抵抗力を上げるために内部に組み込む。

これらはアルミアングルがどのようにして多様なシーンで利用されているかの一例ですが、その軽量で加工しやすい特性から、新しい用途が絶えず考案されています。

寸法

アルミアングルは、建築、製造、インテリアデザイン、などのさまざまな用途で用いられる部材です。アルミアングルの寸法は、使用目的や設置場所に応じて選ばれ、一般的には縦の長さ、横の長さ、厚み、全体の長さといったパラメータで定義されます。

縦の長さと横の長さはアングルのL字形状の2辺の長さを示し、通常はミリメートル(mm)で表されます。例として、20x20mm、30x40mm、50x50mmなどが考えられます。

厚みは、アルミアングルの強度や重量に大きく影響します。厚さが増すほど、アングルはより頑丈になりますが、それだけ重さも増加します。市場でよく見られる厚みのサイズは、1mm、1.5mm、2mm、3mmなどです。

全体の長さについては、1mから6mまでの範囲で提供されることが多いです。一方、縦と横の長さも様々で、数ミリメートルから数十ミリメートルの範囲があります。

用途によって、適切な寸法のアルミアングルを選ぶことが肝心です。例えば、建築や構造用途での使用の場合、より強度が必要とされる場面があるため、厚みや幅が大きめのものが選ばれることがあります。

アルミアングルの加工性と加工法

アルミアングルは、その性質上、柔軟性が高く、様々な方法での加工が可能です。この特性が、多岐にわたる用途での選択肢となっています。

以下で、その加工性と、詳しい加工手法について詳しく見ていきましょう。

加工性の特徴

アルミニウムの性質の中で、加工性の容易さも特徴の一つです。例えば下記のような特徴です。

  1. 軽量性:アルミは軽く、扱いやすい。
  2. 耐食性:水や酸に対して耐性がある。
  3. 加工容易性:切削、曲げ、溶接などが容易。

この加工性をさらに具体的に、どのような加工がおこなわれているか詳細に解説していきます。

加工性やアルミの特徴を紹介

アルミニウムはその多くの特性から、現代の産業界で広く使用されている金属です。 この記事では、アルミニウムの驚くべき特性について探求してみましょう。 アルミニウムの魅力に迫ります。 表:アルミニウムの特性比較 特性 […]

具体的な加工法

アルミアングルに適した加工方法として、以下を参考にしてください。

切断加工

アルミアングルは、高い精度と効率を必要とする多くの産業で、その優れた特性を活かし、多様な用途に供されています。特に切断加工においては、自動切断機やレーザー切断が鍵を握ります

  1. 自動切断機:自動切断機は連続した大量のアルミアングルを一定の寸法に切断するのに用いられます。これにより生産効率が大幅に向上します。
  2. レーザー切断:非常に精密な切断が可能であり、複雑な形状や細部の加工に対しても優れた結果をもたらします。
具体的な用途
  1. 建築・インフラ業界:ブレースや支持材として、また外壁固定具や補強材として信頼性の高い接合部分の構築に使用されます。
  2. 自動車産業:軽量でありながら強度が要求されるカーポート部材やフレーム構造物に適用されます。
  3. ディスプレイ製造:見た目の美しさと安定性が求められるディスプレイラックや展示用の枠組みに利用されます。
  4. 工業設備:ジョイントや接続金具として機械のガードフレームに組み込まれることが多いです。

これらの用途においては、切断されたアルミアングルの精度が最終製品の質を決定づけます。そのため、加工には、最適な機械と技術を慎重に選択し、高品質な製品製造に努める必要があります。アルミアングルを切断する工程は、その潜在能力を引き出し、幅広い産業の要求に応えるために欠かせません。

曲げ加工

曲げ加工においては、熱による影響が少ないという特性があります。このため、精度の高い曲げ加工が可能で、特定の形状に仕上げやすいのです。さらに、多少の誤差が出ても容易に修正できる点も、多くの工業用途で選ばれる理由です。

関連記事

曲げ加工は多くの産業で不可欠な工程です。 特に、パイプベンダーを使った曲げ加工は、形状に自由度をもたらし、多くの用途で活用されています。 1. 押し出し棒の計算と規格 曲げ加工においては、円形(φ)と板厚の計算が重要で[…]

  1. プレスブレーキ:これは金属板を精密に曲げるための機械で、アルミアングルを所定の角度に折り曲げる際に用います。上下の型を使用し、アルミアングルに圧力をかけて曲げます。プレスブレーキは、特に直角に近い折り曲げに適しており、高い精度が求められる作業に用いられます。
  2. ロールベンダー:円形や曲線の形状を作る際に用いられる機械です。複数のローラーを使ってアルミアングルを通過させ、徐々に曲げていきます。この方法は、曲がりが連続している部分や、ゆるやかなカーブが必要な製品に適しています。
  3. 冷曲げ法:室温でアルミアングルを曲げる方法です。材料を加熱することなく、物理的な力を利用して曲げます。冷曲げは、素材の内部応力を最小限に抑えることができ、歪みが少なくなるため、精度が要求される製品に向いています。
  4. 熱曲げ法:アルミアングルを加熱してから曲げる方法です。熱を加えることで材料が柔らかくなり、大きな変形が可能になります。熱曲げは、冷曲げでは難しい複雑な形状や大きな曲げ角度が必要な場合に使用されます。
具体的な用途
  • 建築業界:ドア枠や窓枠、サッシのフレーム、支柱
  • 自動車産業:車体の補強バー、シートのフレーム、バンパー
  • 家具製造:椅子やテーブルの脚、オフィス家具の骨組み
  • 機械設備製造:機械のガードレール、操作パネルの枠

穴あけ加工

アルミアングルの穴あけ加工は、組み立てや固定のために欠かせない工程です。この加工は、ドリルによる穴あけやパンチングという方法を用いて行われ、それぞれに特有の利点があります。​

  1. ドリルによる穴あけ:ドリルを使用してアルミアングルに穴を開けます。この方法は、特定の位置に精密な穴を開ける必要がある場合に適しています。ドリルの種類やサイズによって、異なる大きさや形状の穴を開けることができます。
  2. パンチング:プレス機械を使用し、金型を用いてアルミアングルに穴を開けます。パンチングは大量生産に適しており、均一な穴を高速で開けることができます。
  3. 具体的な用途

  1. 建築業界:建物のフレーム、サポート構造、固定ブラケットに穴を開けるため。穴あけにより、ボルトやリベットなどの固定具を通して組み立てや接続が行われます。
  2. 機械製造業界:機械の部品やフレームに、組み立てや部品の取り付けのための穴を開ける際に使用されます。
  3. 家具製造:棚のサポート、デスクや椅子のフレーム組み立てにおいて、ネジやボルトで部品を結合するために穴を開けます。
  4. 自動車産業:自動車のボディや内部構造の組み立てにおいて、部品を固定するための穴あけに利用されます。

これらの用途において、アルミアングルの穴あけ加工は製品の組み立てや機能性に直接関わる重要な工程です。正確な位置決めと精度の高い加工が求められるため、加工方法の選択と実行は慎重に行われます。

面取り加工

アルミアングルの面取り加工は、製品の安全性と美観を高めるために重要な工程です。この加工により、アルミアングルの鋭いエッジや角を滑らかにし、取り扱いやすくなります。主にエンドミル加工と手動工具による方法が用いられます。

エンドミル加工による面取り

エンドミル加工は、精密な機械加工を用いてアルミアングルのエッジを均一に滑らかにする方法です。この方法では、エンドミルと呼ばれる特殊な切削工具を使用し、一定の角度と深さでアルミアングルの角を削り取ります。エンドミル加工は、一貫した品質と精密な仕上がりが要求される場合に適しています。工業製品や建築材料など、大量生産や高い仕上がりの品質が求められる場面でよく採用されます。

手動工具を用いた簡易な面取り

手動工具による面取りは、小規模な作業や簡易な仕上げに適しています。ファイル、グラインダー、サンドペーパーなどの手動工具を使用し、アルミアングルの角を手作業で削ります。この方法は、大量生産には向かないものの、特定の部分のみを簡単に処理するのに役立ちます。また、機械加工が難しい特殊な形状や、現場での迅速な修正が必要な場合にも用いられます。

具体的な用途

アルミアングルの面取り加工は、以下のような多様な用途で活用されています。

  1. 家具製造:家具のフレームや足において、安全な取り扱いと美観を高めるため。
  2. 建築材料:窓枠やドアフレーム、手すりなど、人が触れる可能性がある部分の安全性を確保するため。
  3. 機械部品:動作中の機械の安全性を高め、作業員の手の怪我を防ぐため。
  4. 自動車産業:車体の各部品や内装材のエッジを滑らかにし、安全性と見た目の品質を向上させるため。

これらの用途において、アルミアングルの面取り加工は、製品の品質、安全性、そして使い勝手を向上させるために欠かせない工程となっています。

アルミアングルの溶接加工は、異なる部材を強固に結合するために使用される重要な技術です。特に、アルミニウムの溶接はその特性を理解した上で適切な方法を選択する必要があります。アルミアングルの溶接には主にTIG溶接とMIG溶接が用いられます。

溶接加工

アルミアングルの溶接加工は、高い強度と耐久性を実現するために重要です。アルミニウムは熱伝導率が高く、融点が低いため、特に溶接には技術と注意が必要です。溶接を行う際には、適切な溶接機材の選択、適正な温度管理、溶接前の清掃など、溶接品質に影響を与える要素を考慮する必要があります。

TIG溶接

TIG(Tungsten Inert Gas)溶接は、タングステン電極を使用し、不活性ガス(アルゴンやヘリウム)の保護下で行う溶接方法です。この方法は、アルミニウムの溶接に特に適しています。TIG溶接は、非常に正確で清潔な溶接が可能であり、薄い材料や複雑な形状の溶接に特に有効です。また、溶接時の熱影響が小さく、精密な作業が要求される場合に適しています。

MIG溶接

MIG(Metal Inert Gas)溶接は、連続的に供給される充填金属と不活性ガスを使用して行われます。MIG溶接は比較的簡単で、高い生産性があるため、大規模な製造や厚い材料の溶接に適しています。アルミニウムの溶接においては、より高速で大量の溶接作業が可能であり、強度と生産効率のバランスが求められる場合に利用されます。

具体的な用途

  1. 建築業界:建物の構造部材やサポートフレームの製作に。
  2. 輸送産業:自動車や航空機の部品製造に。
  3. 機械製造:産業用機械や設備の組み立てに。
  4. アートやデザイン:彫刻や家具の製作において、特殊な形状の実現や強度の向上に。

アルミアングルの溶接加工は、これらの用途において、耐久性と機能性を提供し、幅広い製品の品質を支える重要な役割を果たしています。

表面処理

アルミアングルの表面処理は、製品の耐久性、外観、機能性を向上させるために非常に重要です。主にアルマイト処理、塗装、研磨が用いられます。

アルマイト処理

アルマイト処理は、アルミニウム表面に人工的な酸化皮膜を形成する電解処理です。この方法により、表面の硬度と耐食性が大幅に向上します。また、アルマイト処理された表面は、摩擦や摩耗に強くなります。さらに、アルマイト層は染色が可能で、製品に美しい色を付けることができます。この処理は、建築材料、自動車部品、家電製品など、外観と性能が重視される多くのアプリケーションで利用されます。

塗装

塗装は、アルミアングルの表面に色や質感を付与する最も一般的な方法です。塗装は製品の美観を向上させるだけでなく、耐候性や耐薬品性の向上にも寄与します。さまざまな種類の塗料があり、用途や必要な特性に応じて選択されます。建築材料、家具、装飾品など、幅広い分野で用いられています。

研磨

研磨は、アルミアングルの表面を滑らかにし、光沢を与える処理です。この方法は、細かい研磨材を用いて表面の微小な凹凸を取り除きます。研磨によって、製品は美しい鏡面仕上げになることがあります。特に、デザインが重視される製品や、清潔な表面が要求される医療機器、食品関連の設備などで使用されます。

これらの表面処理は、アルミアングルを用いた製品の外観と機能性を大きく左右します。適切な処理を選択することで、製品の耐久性、外観、使用感を大幅に向上させることができます。

アルマイト処理の用途

  • 電子機器業界:スマートフォンやタブレットのボディ、カメラのコンポーネントなどに使用。耐摩耗性と美観を提供します。
  • 自動車産業:内外装パーツ、トリム、ホイールなどの部品に用いられ、耐食性と耐摩耗性を強化します。
  • 建築業界:ドアハンドル、窓枠、外装パネルなどに使用。耐候性と美観を向上させます。

塗装の用途

  • 建築業界:ファサード、屋根材、内装パネルなどに。美観を高め、耐候性を提供します。
  • 家具製造:椅子、テーブル、キャビネットなどに。カスタマイズされた色と質感を付与します。
  • 産業機械:機械の外観を保護し、環境による影響から保護します。

研磨の用途

  • 装飾品製造:トロフィー、プレート、装飾パネルなどに。高級感のある仕上がりを実現します。
  • 食品加工業界:調理器具や食品処理装置に。清潔さと滑らかな表面を提供します。
  • 医療機器製造:外科用器具や機器の外装に。清潔さと光沢を保ち、衛生的な環境を維持します。

各表面処理方法は、製品の用途や必要な特性によって適切に選択され、アルミアングル製品の機能性、耐久性、美観を大幅に向上させます。

注意点

加工種類注意点
切断加工・適切な刃物と刃速度の選択
・摩擦熱を減らすための冷却剤の使用
曲げ加工・過度な曲げによる材料の破損の防止
・曲げ半径と材料の厚みの事前計算
穴あけ加工・適切なドリルビットと速度の選択
・穴の位置を事前に正確にマークする
面取り加工・均一な面取りの確保
・手作業の場合は均等な力加減を保つ
溶接加工・溶接前の表面の清掃
・適切な溶接方法(TIG、MIGなど)の選択
表面処理・アルマイト処理の場合は均一な酸化膜の形成
・塗装の場合は均等な塗布
・研磨の場合は表面の均一な滑らかさの確保

これらの注意点を遵守することで、アルミアングル加工における品質の向上や、加工中の問題を防ぐことができます。加工方法に応じて、適切な機器の選択と操作が重要です。

量、場所、輸送費のすべてをコンパクトに クリックで開きます

形材の大きさにより、保管場所の確保が一般的に問題となりがちです。

特に大量の形材を保管する場合、スペースと管理が課題になることが多いです。

当社の形材出荷は、通常1.4メートルから7.5メートルが基本範囲です。

しかしこの長さをそのまま利用する場合は少なく、多くの場合でさらに短くカットが必要とされます。

そこで当社では、お客様に2メートル以下のカットを推奨しています。この推奨にはいくつかのメリットがあります。

  1. 保管場所の効率化:短くカットすることで、段ボール梱包が可能になり、スペースを有効活用できます。
  2. 輸送費の削減:段ボール梱包で場所を取らないため、輸送費も抑えられます。
  3. 加工時間の削減:形材を事前に適切な長さにカットしておくことで、作業時間が短縮されます。

形材を適切な長さに事前カットすることで、保管場所も効率的になり、輸送費も削減できます

更に加工時間も短縮されるため、トータルでのコストパフォーマンスが向上します。

このように、当社のカットサービスは、複数の面でお客様の利便性とコスト削減に貢献します

汎用形材の形状紹介、アルミアングル、等辺、不等辺、L型材、山形鋼

等辺アングル材は縦横の幅(A),(B)が同じものです。不等辺アングルは(A),(B)の長さの違いがあります。

当社で人気の高い形材

寸法 t x A x A’or B単重(kg/m)100kgの目安本数
2000mmの場合
100kgの目安本数
4000mmの場合
金型名
1.5 x 15 x 150.116約431本約215本K-7000
2.0 x 20 x 200.206約242本約121本K-7009
2.0 x 25 x 250.260約192本約96本K-33
3.0 x 30 x 300.464約107本約53本K-7005
3.0 x 35 x 350.545約91本約45本K-32
3.0 x 25 x 500.583約85本約42本K-12096
3.0 x 40 x 400.626約79本約39本K-7006
4.0 x 50 x 501.040約48本約24本K-31
6.0 x 60 x 601.849約27本約13本K-22896

 加藤軽金属工業株式会社について

加藤軽金属工業株式会社は、アルミニウムの押出し、形材製造から加工、配送、組立まで一貫したサービスを提供しています。

私たちの生活に不可欠なアルミ形材を通じて、お客様の多様なニーズに応えることを使命としています。

お客様への約束

加藤軽金属工業株式会社では、お客様への約束として最高の品質とサービスを提供します。

以下の点において、お客様の期待を超える努力を続けています。

関連記事

品質管理 ビレット新塊(バージン材)再生塊、納入検査ビレット成分表 納入時の長さは [ φ155 × 5800 mm ] [ φ204 × 5800 or 6000 mm ] になり、これを必要な長さに切断し様々な形状へ押出を[…]

関連記事

私たちの企業理念 Mission, Vision, Valuesをご紹介します。 Our Mission 会社の存在意義・使命 【 寄り添い型探し 】 親身になって相手の気持ちを理解しようとし、共感する。社会・顧客ニーズを理[…]

提供する製品とサービス

関連記事

多様性に富んだ汎用材幅広い用途で補強などに使える形材を取り揃えています アルミ製の角パイプ、アングル、丸パイプ、フラットバー等の使いやすい形材の各種規格をご用意可能です。汎用形材は、場所を選ばず多岐にわたり使用できる正に汎用性の高い[…]

お客様からのよくあるご相談

これらのご相談に、私たちは価格だけでなく、お客様とのコミュニケーションを最も重要視して対応しています。

製品の仕様やデザインに関する疑問まで、どのようなことでもお気軽にご相談ください。

加藤軽金属工業株式会社は、アルミの専門家として、親身になってお客様をサポートします。

関連記事

私たちは、ただモノを提供するのではなく、お客様の要望やニーズを理解し、その要素を反映させた魅力的な商品やサービスを提供することを目指しています。   お客様との継続的な対話やフィードバックの取り組みを、 付加価値[…]

ご相談ください

>当社のウェブサイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。

当社のウェブサイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。

私たちはアルミ押出の専門家として、品質と信頼性に妥協のないサービスを提供しております。 皆様のご要望に最も適したアルミ製品を作ることが、私たちの使命です。 このウェブサイトでは、私たちのサービスや技術についての情報を随時更新していますので、 どうぞごゆっくりとご覧ください。 何か質問や不明点がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。 皆様からのご訪問とご連絡を、心よりお待ちしております。

CTR IMG