アルミ角パイプ(角材)各種規格サイズ表-用途の詳解と具体的な使用例

当社保有の金型は整備済みで、いつでも注文を受け付けています。

【金型保有不要・管理費不要】ローコストかつ短納期でお届けします。

アルミ形材受け入れ加工開始のご案内

この度、2024年6月より、他社押出形材の加工を受注できるようになりましたことをご報告いたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。 これからも、皆様のご期待に応えられるよう、さらなるサービスの向上に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。


アルミニウム角パイプは、産業界からDIYまで幅広い用途で活躍する素材の一つです。軽量でありながら強度が高く、錆びにくいという特性から、特に屋外施設や構造物に多く用いられます。また、形状が四角いため、多角形の構造を作る際に接続が容易で、組み立てや修理が簡単に行える点も高く評価されています。表面が滑らかで美しい仕上がりのため、デザイン性に優れた商品や建築物にも頻繁に使用されます。

この素材は、省エネルギーにも貢献しています。アルミニウムは熱伝導性に優れているため、冷暖房の効率を高める用途での使用も見られます。さらに、アルミニウム角パイプは加工がしやすいというメリットもあります。切断や曲げ、接合など、多くの加工技術が適用可能で、その形状や大きさは多種多様です。

このような多様な特性と利点を持つアルミニウム角パイプですが、その選び方や用途、そして注意点については十分に知られていないことも多いです。この記事では、アルミニウム角パイプの特性、用途、選び方について詳しく解説します。疑問や悩みを解決する手がかりになれば幸いです。

アルミ角パイプの用途

アルミ角パイプの用途は多岐にわたり、建築、家具製作、自動車産業など、多くの場面で利用されます。以下に主な用途とその理由を詳しく解説します。

建築

アルミ角パイプは建築業界でも多く用いられます。軽量かつ強度が高いため、建築物のフレームや支柱として好まれます。さらに、耐久性があり、長期間の使用にも耐えうる特性があります。

家具製作

家具のフレームや脚部にもアルミ角パイプが使われます。軽量性が求められる場合や、モダンなデザインが求められる場合に特に適しています。

インテリア柱材

美観と機能性を兼ね備えたアルミ角パイプは、インテリアとしても使用されます。例えば、オープンな空間を仕切るための柱や、インテリアの一部として用いられることもあります。

太陽光架台

太陽光パネルを支える架台としてもアルミ角パイプは役立ちます。軽量でありながら強度が高いため、安定した設置が可能です。

棚・収納

アルミ角パイプは、棚や収納用品のフレームとしてもよく用いられます。特に、重量物を支える必要がない場合、アルミ角パイプは軽量で取り扱いやすい選択肢となります。

看板

耐久性と軽量性から、看板のフレームとしてもアルミ角パイプは多く用いられます。また、加工性が良いため、特別な形状やデザインの看板にも容易に適用できます。

自動車産業

自動車の部品や構造材としても使われることがあります。軽量性が燃費向上に寄与するほか、耐久性が長寿命の部品作りに役立ちます。

以上のように、アルミ角パイプはその軽量性、加工性、耐久性から多くの場面で使用されています。それぞれの用途での利点を理解することで、より効率的な選択が可能となります。

種類と寸法

アルミニウム角パイプには、多くの特性がありますが、主に「材質」、「形状」、「寸法」の三つの要素に注目すると、その選定や使用目的が明確になります。

材質

アルミ合金の押出材として広く用いられる6063と6061は、それぞれ独自の特性があります。まず、6063は建築や窓枠、ドアフレームによく使われます。加工性に優れ、表面仕上げが美しいのが特徴です。一方で、6061は航空機や一般的な機械構造に使われることが多いです。高い強度と耐食性を持っています。

6063はシリコンとマグネシウムを主な添加元素としており、6061はマグネシウムとシリコンが主ですが、銅も少量含まれています。そのため、6061は6063よりも強度が高く、耐熱性にも優れています。

しかし、6063の方が加工が容易で、特に押出成形や曲げ加工に適しています。表面処理も6061よりも綺麗に仕上がるため、見た目が重要な用途でよく用いられます。

最後に、6061は「T6」と呼ばれる熱処理を受けることで、さらに強度が増します。6063も熱処理は可能で、一般的には「T5」と呼ばれる状態で使用されることが多いです。

要するに、6063は加工性と外観、6061は強度と耐熱性で優れています。用途に応じて適切な合金を選ぶことが重要です。

取り扱いアルミ合金及び、成分表

加藤軽金属工業では、3000系アルミニウム形材の製造を行っており、品質の向上とコスト削減を目指しています。 この記事では、3000系アルミニウムの特性や利点、具体的な用途について詳しく解説します。 ぜひ最後までお読みいただき、[…]

形状の種類と意図

角パイプの形状も多種多様です。基本的には「角」が四つのものが一般的ですが、内側の角がR(半径)を持つものもあります。では、この角の部分に注目し、どのような場面で使用されているかを紹介していきます。

直角形状

  • 意図と効果: 一般的に強度が必要な構造で使われます。直角の形状は、力を均等に分散させ、高い堅牢制があります。
  • 用途:建築、車両のフレーム、シェルフ、機械設備、太陽光架台、インテリア柱材など。

内側にR(半径)がある形状

  • 意図と効果:内側にRがあると、応力集中を減少させ、疲労寿命を延ばすことができます。
  • 用途:曲げや振動が多い機械部品、自動車のサスペンション、管路、フレーム、棚など。

外側にR(半径)がある形状

  • 意図と効果:外側にRがあると、デザインや安全性に優れます。また、鋭利な角がないため、怪我のリスクが低減します。
  • 用途:家具、看板、フレーム、インテリア、遊具、など。

空洞の活用法

  • 軽量化:アルミは元々軽量ですが、空洞にすることでさらに軽くすることが可能。
  • 配線・配管: 空洞を利用して、電線や配管を内部に通すことができます。
  • 絶縁・断熱:空洞に特定の材料をはめることで、絶縁や断熱効果を高めることができます。

用途の詳細

下記に用途の例をあげてみますので参考になればと思います。

インテリア柱材

  • 直角形状やRが外側についている形状が好まれる。
  • 強度と美観が求められる。

太陽光架台

  • 直角形状が多く用いられる。
  • 高い強度と耐久性が必要。

  • Rが内側についている形状が用いられることが多い。
  • オブジェクトが安定して置けるように設計される。

看板

  • Rが外側についている形状が選ばれることが多い。
  • 見た目の美しさと安全性が重視される。
以上のように、アルミ角パイプは形状によって多様な用途と効果があります。選ぶ形状によって、目的に最も適した使用が可能です。

寸法

アルミ角パイプは建築、製造、インテリアデザインなど、さまざまな用途で使用されます。寸法はその用途に応じて選ばれ、一般的には外径、内径、厚み、長さといったパラメータで定義されます。

外径は角パイプの外側の寸法を示し、通常はミリメートル(mm)で表されます。例えば、20x20mm、50x50mmなどが一般的です。内径は外径と壁厚によって決まります。例として、外径が50x50mmで壁厚が3mmの場合、内径は44x44mmになります。

壁厚は、角パイプの強度と重量に影響します。壁厚が厚いほど、パイプは堅牢ですが、その分重くなります。一般的な壁厚は、1.5mm、2mm、3mmなどです。

寸法は、一般的には様々な厚さや幅、長さがあります。長さは1mから6m、厚さは数ミリメートルから数十ミリメートル、幅も同様に数ミリメートルから数十センチメートルと多岐にわたります。シーンに応じて、最適な寸法の角パイプを選ぶことが可能です。例えば、建築用途であれば、高い強度が求められる場合もあり、その場合は厚みや幅が大きなものが選ばれることが多いです。

以上のように、材質、形状、寸法をしっかりと考慮することで、目的に応じた最適なアルミニウム角パイプを選定することができます。それぞれの要素は密接に関連しており、一つ一つがその用途や機能性に影響を与える重要なポイントです。

アルミ角パイプの加工性と加工法

アルミニウムは加工が容易であり、曲げや切断、溶接も比較的簡単に行えます。これが多くの産業で利用される理由の一つです。

それでは、その加工性と具体的な加工法について解説します。

加工性の特徴

アルミニウムの性質の中で、加工性の容易さも特徴の一つです。例えば下記のような特徴です。

  1. 軽量性:アルミは軽く、扱いやすい。
  2. 耐食性:水や酸に対して耐性がある。
  3. 加工容易性:切削、曲げ、溶接などが容易。

この加工性をさらに具体的に、どのような加工がおこなわれているか詳細に解説していきます。

加工性やアルミの特徴を紹介

アルミニウムはその多くの特性から、現代の産業界で広く使用されている金属です。 この記事では、アルミニウムの驚くべき特性について探求してみましょう。 アルミニウムの魅力に迫ります。 表:アルミニウムの特性比較 特性 […]

具体的な加工法

アルミ角パイプに適した加工方法として、以下を参考にしてください。

切削加工

アルミ角パイプの切削加工は、精度が高く、微細な寸法調整が可能です。熱によるゆがみが少なく、高い耐久性と品質が保証されます。

加工方法

  1. 自動切断機:大量生産に適し、高い精度を実現できます。
  2. エンドミル加工:複雑な形状や精密な寸法が要求される場合に使用されます。
  3. CNCマシン加工:プログラムにより自動化され、極めて高精度な加工が可能です。

具体的な用途

  1. 建築・建設業界:サッシフレーム、手すり、足場など。
  2. 自動車産業:車体のフレーム、内装パーツ、エンジンの部品。
  3. 航空機産業: 翼やフレームの構造部品。
  4. 家具製造:アウトドアやオフィス用の椅子、テーブルのフレーム。
  5. 機械設備:コンベヤーシステムや工作機械の部品。

自動車産業では、アルミ角パイプを切削加工して車体のフレームやエンジンの部品を作ります。これは、アルミの軽量性が燃費向上に影響するためです。切削加工により、高精度な部品を効率よく生産できます。

曲げ加工

曲げ加工においては、熱による影響が少ないという特性があります。このため、精度の高い曲げ加工が可能で、特定の形状に仕上げやすいのです。さらに、多少の誤差が出ても容易に修正できる点も、多くの工業用途で選ばれる理由です。

関連記事

アルミ形材の曲げ加工技術は、私たちの生活に不可欠なものであり、シンプルながらも非常に重要な工程です。 特に、パイプベンダーを利用した加工は、形状の自由度が高く、多岐にわたる用途で活躍されています。 本記事では、曲げ加工の基礎か[…]

加工方法

アルミ角パイプの曲げ加工は一般的には二通りの方法が用いられます。

  1. 冷曲げ法:室温で行う方法です。専用の曲げ機を使って、段階的に曲げていく。
  2. 熱曲げ法:熱を加えながら曲げる方法。一般的には、ガスバーナーなどを使って加熱し、柔軟になった箇所を曲げる。

どちらの方法も、曲げたい部分をしっかりと固定し、曲げる力を均等に加えることがポイントです。

具体的な用途

アルミ角パイプの曲げ加工品は、さまざまな産業で使用されます。

  • 建築:フレーム作成、窓枠、扉枠など
  • 車両:自動車やバイクのフレーム、部品
  • 家具:アウトドア用家具、オフィス家具のフレーム
  • 設備:機械設備の支持フレームやパイプライン

例として、アウトドア用のキャンプチェアを考えてみましょう。この場合、アルミ角パイプはフレームとして使用されることが多いです。曲げ加工を用いることで、ユーザーが座る部分や背もたれなど、様々な形状に対応できます。また、アルミニウムの特性を活かし、軽量でありながら丈夫なフレームを作ることができます。

穴あけ加工

穴あけ加工は、アルミ角パイプに精密な穴を開けることができるため、製品の質を向上させます。また、穴あけ加工は、接合や組み立てが容易になり、生産効率が上がる大きなメリットがあります。

加工方法

  1. ドリル加工:一般的で、精度が高い。ただし、少々時間がかかる場合がある。
  2. パンチング加工:大量生産に適しており、速度が速い。
  3. NC(数値制御):プログラミングにより、複雑な形状の穴も精密に加工できる。
  4. CNC(コンピュータ数値制御):NCの進化形で、更に精密。
  5. レーザー加工:非接触での加工が可能で、熱影響が少ない。

具体的な用途

アルミ角パイプの穴あけ加工は、建築、自動車産業、家具製造、機械設備など多岐にわたります。特に、フレームやサポート構造、取付けブラケットなどに用いられます。

  • 建築:手すり、ガードレール
  • 自動車:フレーム、サポート構造
  • 航空:軽量フレーム、部品
  • 家具:組み立て式家具の接続部

建築現場ではアルミ角パイプを支柱や枠組みに使用します。穴あけ加工を行ったアルミ角パイプは、ビスやボルトで簡単に組み合わせられるため、作業効率が大いに向上します。また、家具作りでは、軽量かつ堅牢なアルミ角パイプが穴あけ加工を施され、棚やテーブルの組立に役立っています。

穴あけ加工は多くの産業で重要な役割を果たしています。選択する加工方法や機械によっては、コストや時間が大きく変わる可能性があるため、用途に応じて最適な方法を選ぶことが重要です。

溶接加工

溶接加工は接着やリベットよりも耐久性が高くアルミ角パイプを高い強度でつなぐことが可能です。

加工方法

基本的な加工方法は溶接棒とアーク(電極)を使って、アルミ角パイプの橋を溶かし、固めることで結合します。一般的には、TIG(Tungsten Inert Gas)溶接やMIG(Metal Inert Gas)溶接などが使用されます。

具体的な用途

アルミ角パイプの溶接加工は、建築や自動車、航空機製造など幅広い分野で用いられます。特に、軽量かつ高強度な構造体を作る際に有用です。

  1. 建築:骨組みや手すり、階段など。
  2. 自動車:フレームやエンジン部品。
  3. 航空:航空機のフレームや内部構造。
  4. 家具:アルミ製のテーブルや椅子。

これらは、アルミ角パイプが溶接加工によって多くの用途で活躍している例です。このような加工方法は、耐久性と強度を高めるために不可欠です。

注意点

加工法注意点
切削加工・刃物の種類や刃の速度を適切に選ぶ
・冷却剤を使うことで熱の影響を減らす
曲げ加工・過度な曲げは素材の破損を引き起こす可能性がある
・曲げ半径と厚みを事前に計算
穴あけ加工・適切なドリルビットと速度を選ぶ
・穴の位置を正確にマークする
溶接加工・溶接前に表面を綺麗にする
・適切な溶接方法(TIG、MIGなど)を選ぶ

切削加工では、適切な刃物と刃速度が必要です。また、冷却剤の使用は、摩擦熱による影響を減らします。

曲げ加工においては、過度な曲げが材料の破損を引き起こす可能性があるため、曲げ半径と材料の厚みを事前に計算することが重要です。

穴あけ加工では、適切なドリルビットと速度を選ぶこと、そして穴の位置を事前に正確にマークすることが重要です。

溶接加工では、溶接前には必ず表面をきれいにしておき、適切な溶接方法(TIG、MIGなど)を選ぶことが重要です。

以上の点に注意を払いながら加工を行うことで、アルミ角パイプの品質と寿命を高めることができます。

価格帯

アルミニウム角パイプの価格帯は様々です。ステンレス鋼や銅と比較すると、アルミは軽く、加工も容易なため、一般的にはコストが低いです。ただし、その価格は形状、厚さ、または品質によって変動することがあります。

当社「加藤軽金属工業」では、アルミ角パイプの製造において、お客様に多くのメリットを提供します。まず、汎用金型を多数保有しているため、特別な金型の初期費用を気にする必要がありません。これは、特に少量生産においては大きな利点です。また、自社での一貫製造により、品質管理が徹底されています。

加工についても、当社では一手に引き受けることが可能です。加工費用も抑えつつ、高品質な製品を提供することで、全体のコストをお得に抑えることができます。

これらの特長から、アルミ角パイプの調達に際しては、当社は自信を持って、お客様のニーズに最も適した製品を、確実かつ経済的に提供します。

量、場所、輸送費のすべてをコンパクトに クリックで開きます

形材の大きさにより、保管場所の確保が一般的に問題となりがちです。

特に大量の形材を保管する場合、スペースと管理が課題になることが多いです。

当社の形材出荷は、通常1.4メートルから7.5メートルが基本範囲です。

しかしこの長さをそのまま利用する場合は少なく、多くの場合でさらに短くカットが必要とされます。

そこで当社では、お客様に2メートル以下のカットを推奨しています。この推奨にはいくつかのメリットがあります。

  1. 保管場所の効率化:短くカットすることで、段ボール梱包が可能になり、スペースを有効活用できます。
  2. 輸送費の削減:段ボール梱包で場所を取らないため、輸送費も抑えられます。
  3. 加工時間の削減:形材を事前に適切な長さにカットしておくことで、作業時間が短縮されます。

形材を適切な長さに事前カットすることで、保管場所も効率的になり、輸送費も削減できます

更に加工時間も短縮されるため、トータルでのコストパフォーマンスが向上します。

このように、当社のカットサービスは、複数の面でお客様の利便性とコスト削減に貢献します

汎用形材の形状紹介、アルミ角パイプ(角材)、等辺(正方形)、不等辺(長方形)

角パイプは厚み(t)が均一で中が空洞。縦横の幅(A),(B)により等辺と不等辺の種類があります。

各種の形材の形状と、お客様から高評価を得ている形材を紹介します。

下記表には、100kgという小ロットでの注文例を示しています。特に、2000mmと4000mmにカットした場合の本数が記載されています。これを参考に、お気軽にご注文ください。

形材表のPDFをチェックすれば、製品の単重が確認できます。ページ最下部には、これに基づいた本数や重量を簡単に計算できる入力欄も設置しています。

当社では、小ロットからの注文も歓迎しています。

70kg程度からであれば、割増料金は発生しますが、相談は可能です。

何かご不明点があれば、まずはお問い合わせください。

当社で人気の高い形材

寸法 t x A x B 単重(kg/m)100kgの目安本数
2000mmの場合
100kgの目安本数
4000mmの場合
金型名
1.5 x 15 x 150.219約228本約114本K-10308
1.5 x 20 x 200.301約166本約83本K-7550”
2.0 x 40 x 400.821約60本約30本K-7599
2.0 x 50 x 501.037約48本約24本K-5602
2.0 x 50 x 1001.577約31本約15本KE-439
3.0 x 100 x 1003.143約15本約7本KE-1
5.0 x 100 x 1005.130約9本約4本KE-1986
お見積もり・ご注文の流れ

便利なおすすめポイント!

  • 基本的には※1400mm~7500mmのカットになります。さらに短いカットも可能です。
  • 平らな表面が多く表面加工で華やかに加工可能。
  • 専用型を作る必要がないので短納期で製造可能。
  • 100kg~の注文となりますが、1本あたりがとてもお得に。

さらにカットを短く。穴あけや曲げ加工も受注します。

信頼できる業者を探すのはとても手間がかかります。加工内容が多ければ多いほど時間がかかり、その対応だけでもお客様に多大な労力がかかります。加藤軽金属工業では、請求先の一元化、短期見積もり、適正価格、短納期を実現し、「加藤軽金属工業でよかった」と感じていただけるサービスを提供します。

関連記事

適正価格・短納期の実現 加藤軽金属工業では、お客様のご要望に応じてすべての工程を一貫してサポートします。 計画の策定から加工、納品まで、包括的なサービスを提供し、全ての作業がスムーズに進むようにいたします。 サー[…]

フラットな表面は表面を美しくできます。

汎用形材は専用じゃないからこそ、そのシンプルな表面をめっきやアルマイト、その他デザイン性を持たせる事で様々なシーンで活かせます。

関連記事

木目調塗装は金属や樹脂など様々なものに木のぬくもりとあたたかさを感じさせてくれる皆さんにとっても身近な塗装のひとつです。 この模様はなんだか木みたいできれいだと感じていたら、それは塗装かもしれません。おそらくこの塗装は家の中でも外で[…]

 

関連記事

皆さんはめっきと聞いて何を思い浮かべますか?めっきとは金属や樹脂などの材料に、表面を金属の薄い皮膜や被覆することです。 例えばオリンピックの金メダルに使われていることを耳にしたことがあるかもしれません。金メダルは全部が金で作られてい[…]

 

関連記事

アンティーク調のインテリアが再び注目されていますが、特に青銅風のエイジング塗装は、その独特な高級感と歴史的な深みで多くのデザイン愛好家から高く評価されています。 この記事では、時間を超えた美しさを表現する青銅風塗装の世界について深く[…]

小ロット100kgは実際にどのくらいの本数になるか目安を紹介

当社は基本的に100kgからの注文を承っていますが、意外とこの量がちょうどいいかもしれません。

関連記事

約100kgの目安 当社では、アルミ形材の最低ロットが100kgとなっています。では、この100kgがどれほどの本数になるのかを具体的に計算してみましょう。これにより、注文時にその量が多いのか少ないのかを判断しやすくなります。 […]

 加藤軽金属工業株式会社について

 
 

加藤軽金属工業株式会社は、アルミニウムの押出し、形材製造から加工、配送、組立まで一貫したサービスを提供しています。 私たちの生活に不可欠なアルミ形材を通じて、お客様の多様なニーズに応えることを使命としています。 お客様への約束 加藤軽金属工業株式会社では、お客様への約束として最高の品質とサービスを提供します。 以下の点において、お客様の期待を超える努力を続けています。

関連記事

品質管理 ビレット新塊(バージン材)再生塊、納入検査ビレット成分表 納入時の長さは [ φ155 × 5800 mm ] [ φ204 × 5800 or 6000 mm ] になり、これを必要な長さに切断し様々な形状へ押出を[…]

関連記事

私たちの企業理念 Mission, Vision, Valuesをご紹介します。 Our Mission 会社の存在意義・使命 【 寄り添い型探し 】 親身になって相手の気持ちを理解しようとし、共感する。社会・顧客ニーズを理[…]

提供する製品とサービス
関連記事

当社保有の金型は整備済みで、いつでも注文を受け付けています。 【金型保有不要・管理費不要】ローコストかつ短納期でお届けします。 アルミ形材受け入れ加工開始のご案内 この度、2024年6月より、他社押出形材の加工を受注でき[…]

お客様からのよくあるご相談 これらのご相談に、私たちは価格だけでなく、お客様とのコミュニケーションを最も重要視して対応しています。 製品の仕様やデザインに関する疑問まで、どのようなことでもお気軽にご相談ください。 加藤軽金属工業株式会社は、アルミの専門家として、親身になってお客様をサポートします。
関連記事

私たちは、お客様の要望やニーズを理解し、それを反映させた魅力的な商品やサービスを提供することを目指しています。この記事では、私たちの会社の紹介と、注文までの流れをご案内いたします。 会社紹介 加藤軽金属工業は、ただモノ[…]

ご相談ください

アルミ形材受け入れ加工開始のご案内

この度、2024年6月より、アルミ形材の加工を受注できるようになりましたことをご報告いたします。詳細はお気軽にお問い合わせください。 これからも、皆様のご期待に応えられるよう、さらなるサービスの向上に努めてまいります。どうぞよろしくお願いいたします。

>当社のウェブサイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。

当社のウェブサイトに訪れていただき、誠にありがとうございます。

私たちはアルミ押出の専門家として、品質と信頼性に妥協のないサービスを提供しております。 皆様のご要望に最も適したアルミ製品を作ることが、私たちの使命です。 このウェブサイトでは、私たちのサービスや技術についての情報を随時更新していますので、 どうぞごゆっくりとご覧ください。 何か質問や不明点がありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。 皆様からのご訪問とご連絡を、心よりお待ちしております。

CTR IMG